弊社は主に貸切バス、各種送迎バスなどの旅客運送事業を行っています

 観光・貸切バスでは、サロン付の大型観光バスからマイクロバスまで、多種多様な車両をご用意し快適な
  旅行や移動のお手伝いを致します。

 各種送迎バスおいては、「公/私立スクールバス」「福祉スクールバス(リフト付)」「企業送迎バス」
  など、様々なお客様のニーズにお応え出来ます。

 弊社はお客様の安全・安心な運行を第一と考え、皆さまに豊かな時間をご提供します。

 環境への取組みとして、全バスの、東京都環境局 環境改善部自動車環境課の推奨する「一般社団法人
  東京バス協会 」の環境性能評価「AAA」適合車両化を目指しています。
※ニューフェイス : 車椅子対応 大型バス
⇒ 

 弊社バスは安全・安心をお約束するために、グループ会社工場において万全の体制で点検・整備を行っています
   
  

 環境事業(Earth Conscious)

 E&C事業部では、地球(Earth)を意識(Conscious)した観点から、「ネットワークを介した各種データの
  収集と解析」「解析データのデータベース化」更には「解析データの活用」等のノウハウを活かして、自社
  運行管理以外にも電力会社研究施設において、研究・実験のサポートおよび、さまざまな観測データの取得・
  管理・活用に協力しています。

 また、「防災・災害情報インフラ解析」「地震観測システムの構築及び管理」「車両運行管理業務」も行っています。


 その他の事業

 その他の事業として、「信書の配達」「貨物の輸送」「福祉タクシーのご利用」等、幅広いご要望に
  お応え出来ます。

ページトップへ

 ●2017年4月19日
  月例の「安全運転講習会」を実施いたしました。
  当月の重点事項は、「事業用自動車を運転する場合の心構え」を勉強をしました。
  また、4月6日から15日まで実施した「春の全国交通安全運動」実施の反省と感想を話しました。
  重点事項の「事業用自動車を運転する場合の心構え」では、「バスの運転手」という職業が、世間からどの様に見られているかを
  改めて意識し直し、明日からの心構えをもう一度各自が確認をした有意義な講習会となりました。

 ●2017年3月27日
  半期に1度の、全乗務員と運行管理者を対象とした「安全運行研修会」を実施いたしました。
  今回も、各種外部団体から講師を招いて、様々な角度からの講演をいただきました。
  「東京自閉症協会」からは中村副理事の講演をいただき、障害を持たれた方々の気持ちを考えた対応の仕方を、ご家族の方の
  目から見た考えと本当の気持ちを講演していただきました。
  また、「特定非営利活動法人秋川流域生活支援ネットワーク」の藤間理事長から、障害に対する基本的理解を専門家の知識から
  講演していただきました。
  それぞれの講演で、さらに深いお客様への気持ちのこもった接客・対応が出来る様になりました。
  「一般社団法人健康マネジメント協会」の、今宮様からは栄養管理士としての季節に応じた健康管理を講演いただき、普段の
  毎日の食事から自己の健康管理を考えることで安全な運行を目指す事を学びました。
  その他、「月例の安全講習会」の一環として、社内ドライブレコーダ記録動画を用いたヒアリハット講習を実施。
  今回は、自転車を追越す場合の注意と、対向車への対応が重なった場合の注意点を勉強しました。
  また、4月6日から15日まで実施予定の「平成29年春の全国交通安全運動」の実施について、実施内容の確認と実施すること
  の重要性を講習しました。
  上記以外にも、安全の運行への思いを全従業員で話し合う等、とても充実した研修会となりました。

 ●2017年2月15日・22日
  月例の「安全運転講習会」を実施いたしました。
  当月の重点事項は、「健康管理の重要性」を勉強をしました。
  毎日の健康管理がいかに安全な運行への第一歩であるか、及び体調不信・心の不安定さが起因となる事故がどれほど酷い事に
  繋がるかを  真剣に話し合い勉強しました。
  また、恒例の社内ドライブレコーダ記録を用いたヒアリハットも実施しました。

 ●2017年1月7日
  社内での「安全研修大会」を実施いたしました。
  「安全研修大会」では、毎月実施している、安全運行への心構え向上の為の「①安全運転講習会」の他に、全ドライバーに
  よる「②運転実技審査会」、連続運転時間・勤務時間と休憩時間の関係について「③運転士の労働時間等の基準」
  「④交替運転者の配置基準」の勉強会を実施いたしました。

  ①「安全運転講習会」では「交通事故に関る運転者の生理的及び心理的要因並びに対処方法」を勉強し、いかに普段より
   心身ともに良好に保つ事が運転手として大事な事か、また過労・衰弱状態・病気での不具合状態での運行は、道交法上
   では薬物使用時の運転と同じ扱いである事を強く学びました。
   その他、前年12月10日から本年1月10日まで実施いたしました「年末年始輸送等に関する安全総点検」についての現状
   報告とディスカッションを行いました。やはり、「年末年始の運行には通常よりも深い注意が必要である」との意見が
   多く聞かれました。その注意深さを常に保つ努力する事が大事であると纏まりました。

  ②「運転実技審査会」では、現状使用している弊社大型貸切バスを用いて、実際に運転技術審査を実施いたしました。
   審査会では、「当人以外の貸切運転手全員」「代表取締役社長」「安全統括管理者」「運行管理者」「整備管理者」
   「他バス会社の運行管理者様と整備管理者様」「整備部門工場長・班長」によって「一般道・高速道路・SA・PA
   ・合流地点・高速休憩所・一般道駐車場」等、あらゆる状況で対象者の運行を乗車して審査いたしました。
   熟練した先輩運転士は後輩達に審査される事で円熟した安全運転を見せ。また、若手運転手は、先輩運転手と多くの
   管理者をお客様として乗せて、緊張した中で審査をされます。結果は、各種タイプのバス関係者に100点満点中の点数で
   評価されます。(85点以下は、先輩方から運転指導のおまけつきです。)

  ③疲労・過労にての事故防止に設けられた「運転士の労働時間等の基準」と「交替運転者の配置基準」を運転手が理解する
   ための勉強会を実施し、安全運転に取組むために必要な労働(運転)時間を守る事の重要性を指導しました。

 

 アクセスマップ

   住所:東京都西多摩郡瑞穂町南平1-7-16
   鉄道の最寄り駅はJR八高線 ・箱根ヶ崎駅より徒歩15分
   お車の場合、新青梅街道(瑞穂宿西交差点)から3分。
    圏央道青梅インターからは、岩蔵街道~国道16号バイパス経由で約20分

大きな地図で見る

 お問い合わせ
         
総合観光㈱の電話番号
ページトップへ
LINK : [お役に立ちますICC] [IT活用はサワッディ] [八王子SKダンススタジオ] [ファインクラフト] [多摩YPC] [介護タクシーレント] [デイサービス華暖] [印刷はエコープランニング]
Copyright (C) 2011- 総合観光バス株式会社 All Rights Reserved.    プライバシーポリシ サイトマップ